2006年08月 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  2006年10月

Profile

ともっちの自己紹介画像

Categories

Links

Appendix

ホーム対広島戦3-3

ホーム広島戦ジュニーニョ肉離れ、マギヌン出場停止のフロンターレ、我那覇と黒津の日本人ツートップで挑んだ。オシムも来ていたらしい。 広島佐藤寿人のハットトリックが印象的だったが、川崎の方は同点に追い付くのが精一杯だった。決定的なチャンスを逃す場面が多かった。

マリンリーグ

0930マリンリーグ船橋海浜公園野球場9時プレイボール。9番バッター守備はライト。 グラウンドの土が雨のせいか凄くぬかるんでいてスライディングが怖い。芝生がある外野で良かった。 攻撃は2打席共に三振、守備は珍しくエラーも無く、ちょっとした好プレーもできた。 反面珍プレーも。1塁側のファウルフライを取りに行った時に頭で後方へはねかえしてしまった。この時に帽子が破損、ショックを吸収してくれた。意外と帽子は大事だね。 試合は負けたが地道に成長してるような気がする。

アウェイG大阪戦0-4完敗

HUB川崎店HUB川崎店で初観戦。いわゆるサッカーバーである。 前半30分位にまさかのマギヌン一発退場、直後のジュニーニョ負傷交代で全てが狂った。 立て続けにゴールを奪われ守りに徹するしかなかった。 6日間で3連戦で連敗、この後のホーム3連戦が重要である。 磐田戦のゴンゴールでおかしくなっちゃったのだろうか。

中野区夏季大会二回戦

場所は中野区の上高田球場、14:20開始。 今回はベンチでチームメイトの御子息の守りに徹した。 試合は久々の快勝。

ナビスコ準決勝2-3敗退

ナビスコ千葉ナビスコカップ準決勝第2戦、対ジェフ千葉。場所は蘇我駅近くのフクダ電子アリーナ。 ホーム&アウェイ方式のルールで決勝進出の為には今回勝つか3-3の引き分けに持ち込む必要がある。 何故か新松戸で仕事をしていた自分だが、迷わず直帰直行。19時キックオフ。 前半0-2でリードされ後半に突入。諦められない川崎はジュニーニョ、マギヌンが同点に追い上げこのまま後半終了。 第1戦のホームでの結果と同じであるため、このまま延長戦に突入。 両チーム気迫でボールを奪い合うがその後のパスが繋がらない。 PK戦が頭をよぎる延長戦後半終了間際のロスタイム(1分)、ハンドをとられてしまいPKになってしまった。きっちり逆転ゴールを決められ試合終了。まさに呆然自失である。 本当に悔しい試合結果だった。試合終了後、森選手がW杯敗退後の中田みたいになってたのが印象的だった。

Blog内検索

Recent Entries

Recent Comments

Monthly